何を思ってそこになるかが

現在、年間で15日ある日本の祝日ですが、もう少し日数が多いと嬉しいですよね。現在、祝日のない月は6月と8月ですが、平成28年より新たに8月11日が「山の日」として祝日になる予定です。これからも祝日が増える可能性はあるのでしょうか。
国民の間では祝日をさらに増やしてほしいという声も高く、20代から50代の男女にとったアンケートによると、8月15日の「終戦記念日」、3月3日の「ひな祭り」が祝日にしてほしい日として高ポイントを獲得しています。祝日が存在しない6月に新設してほしいという希望も大きいようで、6月10日の「時の記念日」も少数ながら支持を得ています。
日本の祝日として制定するためには、国民の大多数の支持を得ることが必要です。ただの休日としてではなく、国民全体がその意義を感じ、思いを馳せられる日であるべきです。何をもってそこに設置するのかが明確にされていれば、祝日の新設を歓迎する人は多いはずです。
現在制定されている日本の祝日は、憲法記念日など国の基礎を祝うもの、お彼岸に合わせた秋分の日など日本古来の風習によるもの、みどりの日・海の日など自然に親しむものなどがあります。これから新しい祝日を作るにあたっては、これらの条件のいずれかに当てはまっている必要があるでしょう。

10月 9, 2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>